〒262-0032
千葉県千葉市花見川区幕張町5-478

043-306-9272

WEB予約はこちら

電話マーク

お電話

メニュー

ぎっくり腰 イメージ
見出しアイコン

ぎっくり腰

ぎっくり腰を
しっかりと予防しましょう

ぎっくり腰は、
予兆もなく突然激しい痛みに襲われます。

一度発症すると身体を動かせなくなり、
日常生活の大きな支障にもなってきます。

そのため痛めたときの対処はもちろんのこと、
普段からの予防も欠かせません。

こちらでは、
ぎっくり腰の考えられる原因とセルフケアの方法を
詳しくご紹介していきます。

目次

このような悩みはありませんか?

  • 前かがみになった際、腰に激痛が走った
  • 身体を動かせないほど腰が強く痛む
  • ぎっくり腰への将来的に不安がある
  • ぎっくり腰をよく起こす

なぜぎっくり腰が起こるのでしょうか

その場から動けなくなるほどの激しい腰痛を生じる「ぎっくり腰」。
ぎっくり腰は通称であり、医学的には「急性腰痛症」と呼ばれています。

 

【ぎっくり腰の原因】

なぜ急に激しい痛みが起こるのか、そのメカニズムは分かっていません。
しかし、日常動作の負荷によって筋線維を損傷したり、筋膜に炎症を起こしたりした状態ではないかと考えられています。
とくに次のような要因が重なるほど、ぎっくり腰のリスクが高まるとされます。

 

●柔軟性の低下

身体が硬い状態では「重たいものを持ち上げる」「中腰になる」といった負荷に筋肉が耐えきれず、炎症に繋がることが考えられます。
身体の冷えや、長時間の同一姿勢、運動や仕事での疲労の蓄積などが、柔軟性が低下する要因に挙げられます。

 

●身体のゆがみ

身体の土台である骨盤が傾いていると、姿勢が崩れて腰部の筋肉が緊張しやすくなります。
加齢にともなう筋力低下や「足を組んで座る」「片足に体重をかけて立つ」といったアンバランスな身体の使い方によって、骨盤はゆがんでしまいます。

 

【ぎっくり腰を起こす病気】

脊柱の病気によって、ぎっくり腰を起こすケースもあります。

●腰椎椎間板ヘルニア

急な負荷によって椎間板の一部が飛び出し、神経を圧迫してしまう状態をヘルニアと言います。
痛みとともに下肢のしびれをともなう場合もあります。

 

●腰椎椎間関節症

背骨にある椎間関節に負荷がかかり、周辺の組織に炎症を起こした状態とされます。

 

【ぎっくり腰の主な症状】

受傷直後は激しい痛みがあります。
動作時はもちろんのこと、炎症が出ていることが考えられるため安静にしてもジンジンと痛む場合があります。

しかし、受傷後数日で強い痛みは引いてきて、徐々に身体を動かせるようになっていきます。
しばらく痛みは残りますが、1週間〜数週間ほどで自然と症状が回復するケースが多いです。

ぎっくり腰を起こした際の
対処法と予防法

ぎっくり腰の激しい痛みが生じた際には、どう対処すればよいのでしょうか?
炎症が起きていることが考えられるため、状態に合わせたケアを行いましょう。

また、ぎっくり腰を再発させないように普段から予防しておくことも大切です。

 

【ぎっくり腰の対処法】

●冷やす・安静にする(急性期)

痛めた直後は、安静が大切です。
痛みが出る動作はなるべく控えるようにしましょう。

熱っぽさがある場合は、氷水を当てて冷やすと炎症が落ち着いてきます。
急性期は湯船に浸からず、シャワーで済ませることをおすすめします。

 

●温める・できる範囲で動かす(慢性期)

2.3日を目安に炎症が落ち着きましたら、今度は温めるようにしてください。
温めることで血の巡りがよくなり、患部の治癒力が高まります。

また、できる範囲で身体を動かしたほうが、動作制限が回復しやすくなっています。
痛みがあるからといって、安静にしすぎないように気をつけましょう。
お風呂上がりに股関節まわりのストレッチすることもおすすめです。

 

【ぎっくり腰の予防法】

●ストレッチをする

筋肉が硬い状態では、身体を動かした際に筋線維を痛める可能性が高くなります。
痛みがあるときだけではなく、普段からストレッチで腰部や股関節まわりの柔軟性を高めておきましょう。

 

●運動する

日常的に運動をしておくことで、ぎっくり腰のリスクを軽減できます。
これまで運動習慣がなかった方も、まずは20分以上のウォーキングから始めてみてください。

 

●入浴で身体を温める

全身の緊張をゆるめるためには、湯船に浸かった入浴が効果的です。
とくに日常で腰に負担がかかっている方は、週2回以上を目安に湯船に浸かるようにしましょう。

 

●身体の使い方に気をつける

前かがみになる際には、膝から曲げるように気をつけましょう。
背中から曲げてしまうと、腰椎や周辺の筋肉への負荷を強めてしまいます。
仕事で腰を使う方は、コルセット骨盤ベルトを着用しておくと、腰部への負担を軽減できます。

幕張中央接骨院の
【ぎっくり腰】アプローチ方法

ぎっくり腰は日常生活の何かしらの動作で急に痛みが起こり、時間をかけて痛みが強くなることもあります。
腰椎椎間関節を捻挫している場合や腰の筋肉を損傷しているほかに、椎間板ヘルニアなど病的疾患からぎっくり腰が生じている場合もあるため、鑑別が重要となります。

当院では施術に入る前にカウンセリング整形外科的理学検査、筋肉・靭帯の断面を観察する超音波検査を用いて各症状に対しての適切な処置を徹底しております。
精密検査が必要と思われるものは紹介状作成など医療機関へのご案内もサポートさせていただきます。

実際当院で対応しているのは筋肉、靭帯、関節、ヘルニア(程度による)に関連するぎっくり腰です。
ぎっくり腰には組織の損傷や炎症反応、発痛物質の蓄積、神経の興奮がみられます。

当院ではハイボルト療法という高電圧電気刺激療法を用いて、組織の炎症や神経興奮の抑制損傷箇所の修復促進を目指します。
※ハイボルト機器は早期回復が期待できますが、既往歴や体質によっては利用できない場合がございます。
ぎっくり腰になる方は股関節、骨盤、腰椎の角度のバランスのゆがみが多くみられます。
そのため手技療法でのアライメントや関節の調整、コルセットにて骨の整復を行い、再発防止のための施術を行います。

著者 Writer

著者画像
熊倉 旬一
(クマクラ ジュンイチ)
生年月日:1986年8月11日
血液型:O型
趣味:千葉ロッテマリーンズ観戦、キャンプ
好きなスポーツ:野球中心に全般好きです!
座右の銘:一人ひとりに心血を注ぐ
施術家としての思い:患者さん一人ひとりを大切に。地域の皆様の悩み、苦痛を少しでも多く無くしていけるよう努めて参ります。

患者さんへの一言:
頸椎(首)〜腰椎骨盤調整を得意とし、そこから関連する手足のケガ、症状改善を追究しています。
また当院では私ども夫婦で施術をご提供しています。
女性施術者による女性のお悩みに対してもリンパやフェイシャルケア、ホルモンバランスにアプローチする施術もご案内できます。
お気軽にご相談下さい。

【経歴】
東京スポーツレクリエーション専門学校卒業
南行徳中央整骨院で勤務
新西友前中央整骨院で勤務
初富中央整骨院で勤務
西船橋中央整骨院で勤務
西葛西中央整骨院で勤務
東陽中央整骨院で勤務
習志野台中央整骨院で勤務
葛西駅前中央整骨院で勤務

【資格】
柔道整復師免許

COLUMN

腰痛の症状や原因とは?痛みを和らげる方法や予防方法を解説 画像

腰痛の症状や原因とは?痛みを和らげる方法や予防方法...

ぎっくり腰とは?ぎっくり腰の主な症状と対処法 画像

ぎっくり腰とは?ぎっくり腰の主な症状と対処法

ブロッコリーを食べよう! 画像

ブロッコリーを食べよう!

集中力を上げる 画像

集中力を上げる

ABOUT US

幕張中央接骨院

住所

〒262-0032
千葉県千葉市花見川区幕張町5-478

最寄駅

JR幕張駅南口徒歩1分 / 京成幕張駅徒歩3分

駐車場

なし

9:00〜12:00 - -
15:30〜20:00 - -
お電話でのお問い合わせ

043-306-9272

WEB予約はこちら
Web予約受付フォーム24時間受付

保険施術アイコン

保険施術

ケガをしている部位に対しての施術となります。
患部に対して電気療法を行います。
急性期による炎症所見がみられる場合には寒冷療法を行い、炎症所見がみられない場合には温熱療法を行います。

基本施術アイコン

基本施術

ケガの予防・早期回復には整骨医学に基づいた施術を行うことが重要です。
整骨医学とは体内の循環を活発にするための基本原理で、大きく分けて接骨学と整骨学の2つに分類されます。
当院の基本施術とは、整骨学として行う「全身の調整」になります。

ハイボルト療法アイコン

ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)の電気刺激を身体の深部組織に到達させる療法です。
炎症抑制、痛みの緩和が期待できるため、痛みの強い時期におすすめな施術です。

特殊固定具アイコン

特殊固定具

患部を動かさないように安静固定する必要がある場合に行います。
患部の大きさや受傷の程度で固定の範囲が変わりますので状態に合わせての特殊固定を行なっています。

経穴(ツボ)へのアプローチアイコン

経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)に刺激を与えることにより、緊張し硬くなった筋肉を緩めて血行の促進を目指します。
除痛効果だけでなく、他の施術の効果を持続させる効果も期待できます。

テーピングアイコン

テーピング

筋肉の動きを正常にするテープ、筋力バランスを整えるテープ、関節の補強と固定するテープなど目的によって使い分けて施術を行います。

骨格矯正アイコン

骨格矯正

骨盤のズレや背骨のゆがみを本来の状態に戻し、血液・リンパ・神経の流れ、動きを整え、身体の自然治癒力を高めていくことを目指します。
慢性的な「肩こり」や「腰痛」などに効果が期待できる施術です。
普段の姿勢改善をしたい、慢性的に疲労を感じるといった方におすすめな施術です。

CMC筋膜ストレッチ(リリース)アイコン

CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉を包んでいる全身に張り巡らせている筋膜にアプローチしていきます。
癒着している筋膜を剥がしていくことで症状の緩和を目指します。

ドレナージュ(EHD・DPL)アイコン

ドレナージュ(EHD・DPL)

【EHD】
顔や頭のツボや骨格を整えることで乱れた自律神経の改善、頭痛や眼精疲労の症状緩和が期待できます。
パソコンやスマホの見過ぎによる眼精疲労や目の奥の痛み、頭痛などの症状でお悩みの方におすすめです。

【DPL】
クリームを使って血液やリンパの流れを促進させる手技を行い、ふくらはぎや膝裏の老廃物を流していきます。
足のむくみ、冷え性でお悩みの方におすすめです。

カッピングアイコン

カッピング

透明なカップの球を使用した施術です。
皮膚を吸引して持ち上げることにより皮膚と筋肉の間の血液循環の促進をさせ、筋肉を緩めていきます。
コリ過ぎてガチガチだなと感じている方や運動前後のケアにおすすめの施術です。

温熱療法アイコン

温熱療法

硬くなることによって動きが悪くなってしまった関節や血液循環が悪くなっている筋肉に対して温熱を加えることにより疼痛の緩和や筋緊張の改善を目指します。

炎症症状が落ち着いたケガに関しては温熱を加え、組織の代謝と回復を促します。

PIA(ピア)アイコン

PIA(ピア)

保険施術、初期施術、基本施術に加え、必要に応じて行います。生体電流の乱れを整えることで身体のバランスを調整し不調の緩和を目指す施術です。
肩こりや腰痛など様々な症状に効果が期待できます。

産後矯正アイコン

産後矯正

出産後に、腰痛や尿漏れなどの不調が現れる原因としては、出産時に骨盤の腸骨(ちょうこつ)・座骨(ざこつ)・恥骨(ちこつ)の3種類の骨のバランスが崩れてしまうことだと言われています。
産後矯正ではこのバランスを整え不調の改善を目指していきます。
出産後に緩んだ靭帯、ゆがんだ骨盤を戻すことによって出産前よりも良いスタイルに戻しましょう。

自律神経調整アイコン

自律神経調整

季節の変わり目に起こる不調を自律神経のバランスを整えることで、未然に防ぐことを目的とした施術です。
お腹や背中を緩めたり、経穴を刺激することで症状の改善を目指します。

O脚矯正アイコン

O脚矯正

O脚矯正は、その原因に合わせて股関節や膝、足関節などにアプローチしていきます。
骨盤と下半身のバランスを整える施術を行う場合もあります。
「歩くと疲れやすい」「ガニ股」「膝に痛みがある」そのような方におすすめな施術です。

猫背矯正アイコン

猫背矯正

猫背は、CMC筋膜ストレッチ(リリース)や骨格矯正などでアプローチしていきます。
胸椎の後弯が強くなるとストレートネックになりやすくなります。
また、頭痛や肩こりの症状をお持ちの方は猫背の可能性が高いです。ご自宅でもできる猫背矯正もお伝えしています。
デスクワークなどによって丸くなった背中を改善しましょう。

小顔矯正アイコン

小顔矯正

手技を用いた特殊矯正や美容、予防に特化したEMSや装具を使用したトレーニング など通常とは異なる予約制の施術になります。
筋緊張やむくみにより大きくみえてしまっている顔を本来の大きさに戻すことで、小顔を目指していきます。 また、血流が促進されることで顔色も明るくなる効果も期待できます。

楽トレアイコン

楽トレ

楽トレはインナーマッスルへのアプローチに特化したEMSを使い、身体の深い部分にある筋肉を刺激することで身体を引き締めたり、腰痛を緩和する効果が期待できます。
「むくみを改善したい」「トレーニングが苦手で楽したい」「冷え性を解消したい」などのお悩みでお困りの方に、おすすめな施術です。

温活アイコン

温活

「岩盤ヒートマット」を使用して、身体全体を深いところから温めていく施術です。女性の悩みに多い「冷え性」に有効とされています。患者さんは寝ているだけですので、どなたでも簡単に受けられます。

交通事故施術アイコン

交通事故施術

当院では、痛みの早期回復、再発予防のために根本改善を行うことはもちろんですが、患者さんの不安な気持ちも取り除いていきたいと考えています。
患者さんの症状やお身体に合わせた施術を行っていき、痛みの緩和と同時にゆがんだ姿勢を元の状態に戻すことを目指します。
日常生活でのアドバイスなどもさせていただき、早期回復を目指していきます。

労災施術アイコン

労災施術

業務中や通勤時に発生したケガには、「労災保険」の適用となります。
健康保険と併用はできませんのでご注意ください。
お勤め先の労災担当から「柔道整復師用」の労災用紙をもらい、必要事項を記入して当院へお持ちください。
保険の請求などは当院が行いますので、安心してご来院ください。

BACK TO TOP

電話アイコン

電話

WEB予約アイコン

WEB予約

LINE公式アイコン

LINE公式

Instagramアイコン

Instagram

メニュー

",